ラオスウェディング – 笑顔いっぱいの温かく、気持ちが豊かになれる結婚式 –

おふたりの背景

ラオスへの一人旅の途中で出逢い、帰りの飛行機で再会。
その後、2年間の中距離恋愛を経て結婚へ。
まるでドラマのような出逢いを実らせたおふたりが望んだのは、ゲストのみなさまに捧げる、そんな出会いの舞台へのご招待でした。目指したのは、カタチだけでなく、おふたりが感じたラオスという温かな場所の再現。 そこに、これまでのおふたりを支えてきてくれた方々への感謝も散りばめ…
さあ!ラオスパーティーの始まりです。

結婚式の概要

招待状はトランク型のカード、席次表はパスポート。式場には現地の音楽が流れ、素朴で心地よい布や国花プルメリアでデコレーション。まるで、ラオスに旅したかのような演出に、ゲストの方々が常に優しく微笑んでいたのが印象的。 おふたりの人生の中で、それぞれ支えてくれた人々への感謝を捧げるためのプランは、ラオスという心豊かな場所を再現することで、心に残る温かな時間となりました。

コンセプト ラオスウェディング – 笑顔いっぱいの温かく、気持ちが豊かになれる結婚式 –
おふたりのこだわり おふたりにとって、ラオスとは“故郷に帰ったような温かい気持ち”。結婚式は、ラオスの心豊かになれる空間を創り出すこと。なぜなら、出逢いの日を忘れないだけでなく、困難にぶつかってもこの出逢いに感謝できるから。さらに、ゲストのみなさんにも、それぞれラオスにいる気持ちになっていただきたい。
オリジナルコンテンツ
  • ・お母様への感謝はチャペル内でのベールダウンで表現
  • ・結婚証明書はトラベラーズノート!結婚式=出発をイメージ
  • ・招待状はトランクを、席次表はパスポートをデザイン
  • ・いざラオス(披露宴会場)へ出発!芳名帳はバッグタグへのサインとメッセージ
  • ・会場内はラオスの布や国花プルメリアなどのコーディネートで南国の雰囲気に
  • ・BGMはラオスの民族音楽。ゆったりとした時間の流れる心豊かな場所を表現
おふたりからいただいたメッセージ 漠然としていたアイデアをまとめていただいてありがとうございました。「一緒にラオスパーティーを成功させましょう」と言われて、打ち合わせからワクワクできました。新郎の友人の中には、結婚式で上映した動画をTSUTAYAのレンタルで借りたいと真剣に考えた方までいらっしゃって大成功を実感しました。
プランナーから一言 俊道さん、沙里さん、おめでとうございます! 常に、おふたりが「なぜ、結婚式を挙げることにしたのか」を背景や人間関係などもお伺いすることで記憶を深く探り、ご提案させていただいています。カタチだけのラオスパーティーではなく、おふたりにとってのラオス(故郷に帰ったような温かい気持ち)を考え抜いたことで、ゲストに想いが伝わったんですね。本当によかったです。プランニングを通じて私もラオスに旅してみたくなりました。ラオスを常に胸に、末永くお幸せにお過ごしください。

その他のウェディングレポートを見る

2014/11/01 挙式

2014/11/01 挙式

BRIDAL FAIR
ブライダルフェア

ブライダルフェアでは会場見学、挙式体験、試食会、婚礼衣装などご用意しております。
ご希望などお気軽にご相談ください。

一覧を見る 一覧を見る

PAGETOP

フェア検索 見学予約 お電話